お役立ちダイエット法

2020.9.17
✨背中のはみ肉を取る❗️10歳若く見える後ろ姿の作り方✨

お役立ちダイエット法

ダイエット!最低限知っておきたい基礎知識「血糖値」

2019年12月25日更新

こんにちは😃

パーソナルトレーナーの岸本 拓郎です✨

 

 

ダイエット中の方は

太らないように、

しっかりと気を引き締めて

ボディメイクを頑張りましょう❗️

 

バルクアップ中の方は

この時期はしっかり食べて

身体作りを頑張りましょう❗️

 

ダイエットの基本的な知識「血糖値」😊

 

血糖値のメカニズムを知ると

食欲もコントロールできるので

ダイエットが自由自在になります❗️

 

「血糖値を制するものは

ダイエットを制する❗️」

 

と言っても過言ではないでしょう😁

 

食欲が抑えきれないのは

あなたの意思が弱いからではありません❗️

 

気になる方は

ぜひこちらの記事をお読みください❗️

 

 

それではまずは血糖値が上がる

メカニズムから簡単に説明しますね✨

 

糖質を摂ると、血液中に糖が放出されます。

この血液中の糖の値を

「血糖値」といいます。

 

糖質を摂れば摂るほど、

血糖値は急上昇するんです。

 

すると

膵臓のランゲルハンス島β細胞から

血糖値を下げるホルモン

「インスリン」が分泌されます。

 

血糖値の高さによって、

インスリンの分泌量が増えるのですね。

 

 

よく、糖質を食べすぎると

高揚した感じになりませんか?

 

そうなっていたら要注意。

必要以上の糖を摂っている可能性があります。

 

インスリンは元の血糖値まで

戻してくれればいいのですが、

 

大量に分泌されると

元の値よりも血糖値を下げてしまいます。

 

これが低血糖というやつです。

 

低血糖になると、イライラや倦怠感

集中力が低下、極度の空腹で

異常な食欲に駆られて

感情さえも穏やかでなくなります😱

 

いわゆる「血糖値スパイク」。

 

 

そしてもっと糖が欲しくなり

また糖を大量に食べてしまいます。

 

すると数時間後また低血糖になり

イライラして眠たくなり

異常にお腹が空いて

爆発的に食べて・・・

 

これを一日中繰り返していると、

どんどん太ってしまうのです😭

 

 

そうなんです、

食欲が抑えられないのは

あなたの意思が弱いからではありません!

 

この血糖値の上昇と下降によるものなのです!

 

ちなみにこの「インスリン」

同化ホルモンとも言われており

 

食べたものを身体に同化、

つまりくっ付けていきます。

 

ここでハイカロリーな脂っこいものを

一緒に食べると、、、

恐ろしいことに大量のインスリンが

身体に脂肪をくっ付けていくんですね。

 

少しでも余ろうものなら

体脂肪にして溜め込んでいきます😱😱😱

 

そうならないためにも

インスリンの過剰分泌を防ぎましょう!

 

 

では、実際に何をしたらいいのか

対策を簡単にお伝えしますね。

 

  1. 1、総摂取カロリーから逆算して、1日の糖質の摂取量を決める(個人差があります)
  2. その量を出来るだけ細かく分けて摂る(1日あたり4〜7回)
  3. 朝とトレーニング前後に多目に摂る
  4. トレーニング前中後以外の糖質はGI値の低いものを摂る
  5. もしくは食物繊維、お酢、発酵食品を事前に摂り血糖値の上昇を抑える
  6. トレーニング前中後のタイミングではGI値の高いものを摂る

 

※あくまでもダイエットには

筋力トレーニングが

大前提ですのでご注意ください。

 

食事制限だけやランニングなどの

有酸素運動だけのダイエットは

代謝が落ちるので

やらない方がましなんでしたよね。

 

血糖値を自らコントロールして

美しく身体を作りましょう!

 

まとめ:血糖値をコントロールすればダイエットもコントロールできる!

 

 

 

カウンセリング 今すぐ申し込む!