【初心者向け】読むだけで痩せるブログ

2018.10.20
【正社員】パーソナルトレーナー募集!!

身体は簡単にデザインすることができる!
S-BODY GYMが提供する独自のメソッド
パーソナル"デザイン"
トレーニング

当ジムは、科学的根拠に基づいた「失敗しないカラダづくり」を推進しています。

一生懸命トレーニングをしているのに身体に変化がない!?

一生懸命トレーニングをしているのに身体に変化がない!?

ご存知ですか!? 実は日本人の85%以上の方は、
重い物を運搬するようなウエイトトレーニングでは筋肉が付きません。

現在のトレーナーの多くは、自身が高重量のトレーニングで身体を作った経験から関節に負担のかかる高重量トレーニングを勧めてしまいます。
その結果85%以上の方は筋力トレーニングをしてもたいして身体が変わらないだけでなく、関節を痛めてしまいます。

半分の重さで3倍効く!
独自のS-BODYメソッド「パーソナル"デザイン"トレーニング」

従来の重たいものを運搬するウエイトトレーニングとは違い、ターゲットとなる筋肉のみに刺激を入れる最先端の技術です。
お客様の関節や筋腹に触れながらミリ単位で動きを誘導し、今までの半分以下の重さで、対象の筋肉のみにピンポイントで効かせていきます!
そのため女性や高齢者でも関節に負担をかけず、最短で安全に、効率よくトレーニングの効果を体感することができます。その結果、誰でも簡単に身体をデザインすることができるのです。

脂肪燃焼のメカニズム

脂肪燃焼のメカニズム

「消費カロリー>摂取カロリー」であるなら体脂肪が減る!と言われますがそんな単純な話ではありません。

脂肪燃焼のメカニズム

体脂肪が燃焼するときは、肝臓からの神経シグナルがキーポイントです。
肝臓のグリコーゲンが減少すると、肝臓から迷走神経肝臓枝を通って中枢神経系に情報が伝達され、 そこから脂肪組織に「脂肪を分解せよ」というシグナルが伝わります。 つまり体脂肪を分解するためには、肝臓のグリコーゲンを減らすことが重要なのです。

体の中では「ATP」がエネルギーとなります。
そして食べものから取り入れた炭水化物や脂肪、タンパク質などがATPを作り出すために使われます。しかし運動中やダイエット中など体が余計なエネルギーを欲しがっているときは、体内に溜め込まれた炭水化物や脂肪がATPを作り出すために使われるのです。炭水化物は「グリコーゲン」の形で筋肉や肝臓に、脂肪は「中性脂肪」の形で体脂肪として溜め込まれています。 体脂肪がATPを作り出すために使われるときこそが、「体脂肪が減る」タイミングです。 このとき、ホルモンと酵素の働きによって、体脂肪である中性脂肪が「脂肪酸」と「グリセロール」に分解されます。そしてできた脂肪酸が細胞の中に入り、脂肪燃焼工場でもある「ミトコンドリア」へ送られ、エネルギーであるATPが作られるのです。

ウエイトトレーニングを行うメリットとは

リバウンドしにくい、健康的な体型に。

筋肉が付くと基礎代謝が上がるため、脂肪が燃えやすくなります。
ウエイトトレーニングによって筋肉が1Kg増えると、自然に消費されるカロリーが1年で約14000kcal増えます。これは体脂肪にして約2Kgにもなるのです。逆に筋肉が1Kg少ないと1年につき約2Kgだけ太りやすくなるということです。
「燃えやすく、太りにくい体」「リバウンドなしで劇的に美しい体」を作るために、ウエイトトレーニングは欠かすことができないのです。

ただ痩せるだけなんて、不健康な上、何の魅力もありません。
ただ食べないダイエットや食事回数を減らすダイエット、有酸素運動のみのダイエットでは一時的に体重は減りますが、筋肉も一緒に落ちてしまい、ガリガリのみすぼらしい体になってしまいます。また人間の体の仕組み上、そのようなダイエットでは代謝が下がって脂肪の燃やしにくい体質になり、リバウンドもしやすくなります。

体がエネルギーを欲しがっているとき、グリコ―ゲンや中性脂肪だけでなく、実はアミノ酸もエネルギーに変わろうとします。そして食事から十分なタンパク質(アミノ酸)が補給されていないと、筋肉を取り壊して、そこからアミノ酸を取り出そうとする働きがおこります。 ですからダイエットなどで摂取カロリーを減らしているときでも、タンパク質量を十分に摂取しながらウエイトトレーニングをすると、筋肉を残しながら脂肪を燃焼させることができるのです。

適切なボディメイク期間

適切なボディメイク期間

科学的な理論に基づいて、
適切なボディメイク期間を設定!

適切なボディメイク期間

半年~1年以上長期間だらだらと減量を行うと、体が低カロリーに慣れてしまいます。また肉体的にも精神的にも厳しく、心身ともにボロボロになってしまいます。そしてその間は筋力やパワーを増やすことが難しく、筋肉量も落ちてしまいます。すると代謝が落ちて、脂肪が落ちにくく疲れやすい体になってしまいます。

ですから減量期間は2~4カ月が適切なのです
S-BODY GYMでは、科学的な理論に基づいて、 まずは2カ月からスタートのボディメイクスタンダードコースを設定しています。

初心者の方は最低週に2回全身をトレーニングすることで各部位ごとのトレーニング頻度を上げることができ、オーバーワークにもなりにくく、最小の努力で効率よく体を変えていくことができます。75分以上のトレーニングは男性ホルモンのテストステロンレベルを下げ、オーバーワークを誘発するという研究結果があるため、1回あたり60分以内のトレーニングとなります。

有酸素運動は行いません

有酸素運動を行い過ぎると痩せにくくなる!

S-BODY GYMでは基本的に有酸素運動を行いません。
(お客様によっては例外として行っていただく場合もございます。)

有酸素運動は確かに、脂肪燃焼工場である「ミトコンドリア」の数を増やし、カロリーを消費して一時的に痩せますが、減量した体重を維持しようと思えば、一生走り続けなくてはなりません。やめてしまえば必ずリバウンドしてしまいます。
そして有酸素運動を行い過ぎると、筋肉の遅筋化がおこり、筋肉が付きにくい体質になってしまいます。すると体の代謝が落ちてしまい、結果的に痩せにくい体になってしまします。さらに有酸素運動のやり過ぎは、ストレスホルモンの「コルチゾル」の分泌を高めることが分かっています。この「コルチゾル」は筋肉を燃やしてエネルギーを取り出そうとする作用(糖新生)や免疫力を低下させる作用があります。

ウエイトトレーニングを行うと、トレーニング後最大72時間までカロリー消費効率が高まります(EPOC効果)。有酸素運動にはこの効果は無く、ウエイトトレーニングをすることで最大で72時間まで何もしなくても消費カロリーが上がり、体脂肪を勝手に燃やしてくれます。
またS-BODY GYMでは走りたい方の為に体力に応じて、より脂肪燃焼効果の高いHIIT(ハイインテンシティ・インターバルトレーニング)をおすすめしていますので、ご興味のある方はご相談ください。

ウエイトトレーニングは美容にも効果がある?!

ウエイトトレーニングは美容にも効果がある?!
ウエイトトレーニングは美容にも効果がある?!

免疫力や回復力が増加し若くイキイキ!

若くイキイキした状況を維持することも夢ではありません!

トップアスリートの実年齢を聞いて驚いたことはありませんか?
私の周りでもトレーニングしている人の多くは、実年齢よりも若く見えることがよくあります。

ウエイトトレーニングによって成長ホルモンの分泌が促進されたことにより、免疫力や回復力が増加し、若返り(アンチエイジング)の効果を発揮します。また基礎代謝がよくなったことでお肌のターンオーバーもしやすくなり、お肌がキレイになりシワが減るという、思いもよらない効果を実感することができます。

さらに筋肉量が増えることで活動量が上がり生活が行動的になります。またウエイトトレーニングを行うことで関節の可動域が広がり、姿勢が自然とよくなります。健康面においても心血管疾患や糖尿病のリスクがかなり軽減されるなど、美容や健康にとって本当にいいこと尽くしです。

カウンセリング 今すぐ申し込む!